美味しい料理にあら笑顔。  小さな廚(くりや=台所)から 優しい一品をお届けします。


by coro-egao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

さくらクッキー

a0117641_550619.jpg
さくらクッキー

《材料》

無塩バター 100g   砂糖 70g   卵 1個   薄力粉 200g
バニラエッセンス 少々   塩 一つまみ   食紅 適宜   打ち粉(強力粉)

バターは室温に戻しておく。
薄力粉はよく振るう。
オーブンを170℃に温める。

《作り方》

(1)
ボウルにバターを入れ、泡だて器でなめらかなクリーム状になるまで練る。

砂糖を加えて、さらになめらかになるように、泡だて器で混ぜ合わせる。

あらかじめ溶きほぐしておいた卵を加え
さらになめらかになるように混ぜ合わせる。

(2)
バニラエッセンスを入れ、塩と薄力粉を加えて木べらで混ぜ合わせていく。

大体混ざったら食紅を加え、よく混ぜ合わせる。

混ぜ合わせた生地を一つにまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませる。

(3)
のし台に打ち粉をして、めん棒にも粉をまぶしておく。

生地を取り出し、めん棒で3ミリ厚さにのばす。
生地が柔らかくなったら冷蔵庫で冷やす。

花びら型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べて
170℃のオーブンで10分焼く。

抜いた残りの生地は再び丸めてのばし、冷蔵庫で冷やしてから
同じ様に抜いて焼く。

☆☆☆

新年度を迎え、何かと慌しい春は
お花見もなかなか思うようには出来ません。

そんな時は桜のお菓子でちょこっとお花見。

そろそろ散り桜に移り始めた街角で
風に踊る桜の花びらに出会えると何故か嬉しいです。

# by coro-egao | 2009-04-09 05:50 | おやつ
a0117641_5194911.jpg
かじきまぐろのハンバーグ

《材料》
めかじき(切り身) 4切れ(400g)   ブロッコリー1/2個   トマト 1個
ジャガイモ(100g)
A{小麦粉 大さじ4   塩 小さじ1/2~1/2強   こしょう 少々}
B{醤油 大さじ2   砂糖 大さじ2   酒 大さじ}
塩・こしょう   サラダ油

《作り方》
めかじきは包丁で細かくたたく。

ブロッコリーは小房に分け、硬めに茹でる。トマトはくし型の8等分に切る。

ボウルにめかじき、Aを入れ、ジャガイモをすりおろして加え、よく練り混ぜる。
4等分に分け、ハンバーグ状にまとめる。


フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、ハンバーグを入れて2~3分焼く。
さらに返して2~3分焼き、Bのタレを入れて軽く煮詰めながら絡める。

ブロッコリーはサラダ油小さじ1でさっと炒め、塩・こしょうを振る。

ハンバーグ、ブロッコリー、トマトを盛り付けて出来上がり。


ジャガイモを加えるとモチモチ感が出て不思議な食感です。
お肉よりも軽くて食べやすいのでお年寄りにも向いているでしょう。

もちろんお弁当のおかずにも最適。ぜひ、お試しください。
(NHK「きょうの料理」2008/3月号のレシピを参考にしました。)

# by coro-egao | 2009-03-31 06:03

深川めし

a0117641_2242457.jpg
深川めし
「深川めし」は江戸末期、深川の漁師たちがよく食べたところから由来しているとか。

そもそも、ざっくりと切った葱とアサリを味噌汁にして白飯にかけたものを指します。
手早く栄養補給が出来るぶっかけめしは、明治になると炊き込むタイプも登場しました。

今回は炊き込む深川めしです。

《材料》

殻付きアサリ 50~60粒  米3合
油揚げ 1枚  しょうが ひとかけ
煮汁(醤油 大さじ1  酒 大さじ1  みりん 大さじ1)
炊き込み用(薄口醤油 大さじ1  酒 大さじ1  塩 少々)

《作り方》

米は炊く30分前に洗ってざるにあげておく。
アサリは1リットルの水に塩大さじ3杯を混ぜ30分ほど砂抜きをする。
殻をよくこすり洗いしてからひたひたの水から茹で
茹で汁と身に分けて殻をはずしておく。

油揚げは軽く湯通しし、短い細切りにする。
茹で汁カップ1と煮汁の調味料を合わせてアサリと油揚げを軽く煮含め
煮汁と具に分けておく。
煮汁・残った茹で汁・洗った米を合わせて炊き込み用の調味料も加え
通常の水加減にして炊く。

炊き上がったら具としょうが汁を混ぜ込んで
千切りしょうがを乗せ、あさつきを散らしたら出来上がり。

これからアサリの美味しい季節です。
たっぷりのアサリでお楽しみ下さい。

# by coro-egao | 2009-03-21 00:13 | 晩ごはん

ひな祭り

a0117641_073735.jpg
海鮮ちらし

我が家のひな祭りでは、五目ちらしよりも海鮮ちらしの方が人気があります。
今年も大好きなネタをいっぱいコロコロしました。

家族みんな大満足♪
おひな様もお腹一杯になったかしら?

# by coro-egao | 2009-03-04 00:13 | 晩ごはん

ポークピカタ

a0117641_5531738.jpg

《材料》
豚ヒレ肉 350g   スライスチーズ 4枚  
卵液(卵 4個   塩・コショー 少々  バジルの葉 3枚)
スイートコーン   インゲン
塩・コショー   小麦粉   サラダ油   バター

《作り方》

豚ヒレ肉は1本を厚切りの8枚に斜めにスライスする。
1枚の側面に切り込みを入れ観音開きにしたらラップで挟み
その上から麺棒やすりこ木棒で叩いて2倍の大きさにのばす。
残りの肉も同じ様に広げる。

豚ヒレ肉を2枚広げて置き、塩・コショーを振る。
片方にスライスチーズを半分に折って乗せ、もう1枚をかぶせる。
肉の上にラップをかぶせて肉の端を巻き込みながら
指で押しつぶすようにまとめる。
小麦粉をまぶし、余分な粉は叩いて落としておく。
残りの肉も同様にして4個の塊を作る。

卵液を作る。
卵を割りほぐし、塩・コショーを振り
みじん切りにしたバジルを加えてよく混ぜる。

卵液にくぐらせた豚ヒレ肉を<並べる。
中火で両面を焼き、卵が固まってきたら再び卵液にくぐらせて焼く。
これを何度か繰り返して肉に火を通す。

インゲンを硬めに茹で、スイートコーンと一緒にバターで炒め
塩・コショー・コンソメ顆粒で味付けをして付け合せにしする。

お皿に盛り付けたらトマトケチャップを添えて出来上がり。
切り口からチーズがとろ~りと流れ落ちて
思わず食欲をそそられる一品です。

# by coro-egao | 2009-02-16 05:50 | 晩ごはん