美味しい料理にあら笑顔。  小さな廚(くりや=台所)から 優しい一品をお届けします。


by coro-egao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋のタルト

a0117641_5185144.jpg
林檎のタルト

《材料》20㎝タルト型

[タルト生地]

バター 70g   砂糖 35g   卵黄 1個   薄力粉 130g
アーモンドパウダー 20g

[クレーム・ダマンド]

バター 70g   粉糖 70g   卵 1個   ラム酒 大さじ1
アーモンドパウダー 70g   薄力粉 10g

[そのほかの材料]

林檎(紅玉) 2個   バター 10g   グラニュー糖 適宜
アプリコットジャム 適宜


《作り方》

[タルト生地]

1、室温に戻したバターに砂糖を2~3回に分けて加え、泡だて器ですり混ぜる。
卵黄をいっきに入れ、泡立てずによく混ぜる。

2、アーモンドパウダーと薄力粉を合わせてふるっておく。
1のボウルにふるい入れ、切るように混ぜる。
粉っぽさが無くなったら、ボウルの底に押しつけるように混ぜ一つにまとめる。

3、まとまった生地を丸く整えラップで包み、冷蔵庫で1時間寝かせる。

4、台に打ち粉をして、めん棒で厚さ3mmの円形に伸ばす。
(タルト生地より3㎝ほど大きい円形が良い。)

5、伸ばした生地をめん棒に巻きつけ、タルト型に乗せる。
生地の真ん中から円周に向け型に張り付けていく。
型のふちをめん棒で転がしながら余分な生地を切り落とす。
(余った生地は焼くとサブレになる。)

6、フォークで生地に穴を数か所開け、冷蔵庫で1時間休める。

[クレーム・ダマンド]

1、室温に戻したバターに泡だて器で粉糖を3回に分けて加え
ふんわりするまで混ぜる。

2、卵は2回に分けて加え、ラム酒を混ぜる。

3、アーモンドパウダーと薄力粉を合わせてふるい入れ
粉っぽさが無くなるまでよく混ぜる。

[林檎のタルトの作り方]

1、林檎は皮を剥き、半割ににして芯を除き、3mmの厚さにスライスする。

2、タルト生地にクレーム・ダマンドを敷き詰め
スライスした林檎をずらしながら円形に並べる。

3、2の上からグラニュー糖を振り、ダイスに切ったバターを散らす。

4、180度に温めたオーブンで30分焼く。

5、アプリコットジャムに少量の水を加え、煮詰めておく。

★¥6、焼きあがった4の粗熱が取れたら、5を刷毛で塗り、出来上がり。


今回は時間がかかる行程ですが
それだけに出来上がりの嬉しさはひとしお。

秋の香りをたっぷり味わえます。

今年の紅葉の仕上がりに思いを馳せつつ、ホッと一息ティータイムです。

by coro-egao | 2009-11-15 06:12 | おやつ

栗のレアチーズケーキ

a0117641_22575397.jpg
レアチーズケーキ

《材料》直径18㎝の底が抜ける丸型1台分

クリームチーズ 250g   プレーンヨーグルト 200g   生クリーム 200ml

グラハムクラッカー 80g   バター 50g   グラニュー糖 70g

レモン汁 大さじ2   栗のジャム(又は栗のペースト) 大さじ3

A[国産レモンの皮 1個分すりおろし   グラニュー糖 小さじ1/3]

B[粉ゼラチン 10g   水 大さじ4]

飾り用 栗の甘露煮3~4個   ブドウ 5~6粒   ブルーベリージャム 適宜


《材料》

1、バターを湯せんにかけ溶かしておく。
Aを混ぜ合わせておく。

2、グラハムクラッカーを厚手のビニール袋に入れ、めん棒で叩いて細かくする。

3、ボウルに2を入れ溶かしバターを加え、しっとりしてきたら型に敷き詰める。
スプーンの背で平らに固め、冷蔵庫で冷やす。

4、ボウルにBの水を入れ粉ゼラチンを入れざっと混ぜてふやかす。
クリームチーズは適当な大きさに手でちぎり
耐熱容器に入れて電子レンジで600W約20秒で軟らかくする。
(レンジにかけすぎると風味が落ちるので注意)

5、ボウルに4のチーズを入れ、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜる。
次にグラニュー糖を加えよくすり混ぜる。

6、ヨーグルトを3回に分けて加え、よく混ぜたらレモン汁も加える。

7、4のゼラチンを湯せんにかけ、溶かしたら6に加えて混ぜあわせる。
1を加えてよく混ぜる。

8、生クリームを3回に分けて加え、そのつどゴムべらで混ぜる。

9、8を3の型に流し込み、平らにならしたら冷蔵庫で3時間冷やし固める。

10、固まったら適当な大きさにカットし、栗とブドウを添えてブルーベリージャムで飾る。


栗の味がダイレクトに伝わるわけではありませんが
いつもとは違う食感と風味を感じていただけたら嬉しいです。

by coro-egao | 2009-11-01 23:45 | おやつ