人気ブログランキング |

美味しい料理にあら笑顔。  小さな廚(くりや=台所)から 優しい一品をお届けします。


by coro-egao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チョコレートマドレーヌ

a0117641_5183650.jpg
チョコレートマドレーヌ

《材料》

シェル型マドレーヌ6個分です。

卵 2個   砂糖 40g   バター 60g   塩 少々

薄力粉 50g   ココア 10g   ベーキングパウダー 小さじ1/2

ミルクチョコレート 30g   (型用 バター・強力粉 適宜)


《作り方》

(1) 生地用・型用バターを湯煎、又はレンジで溶かしておきます。

(2) 薄力粉とココア、ベーキングパウダーは合わせて
一緒に振るっておきます。
チョコレートは細かく刻んでおきます。

(3) シェル型に溶かしたバターを刷毛で塗り
一度、冷蔵庫で冷やします。
バターが固まったら強力粉を均等に振り、余分な粉は振り落としておきます。

(4) 卵をボウルに割り入れ、よくほぐしたら砂糖を加えます。
塩を一つまみ加えたら、泡だて器でとろっとなるまでよく混ぜます。

そこへ刻んだチョコレートを加え、振るった粉類を振り入れて
木ベラで粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

さらに溶かしバターを加えて混ぜます。

(5) 生地を搾り出し袋に移し、シェル型に流し込みます。
180℃に温めたオーブンで10~13分位焼きます。

焼けたら型から外し、網の上で冷ましてから
乾かないようにビニール袋に入れて出来上がり。


シリコン製のマドレーヌ型を買ったので試作。
扱いやすくて便利でした。

もうじきゴールデンウイークですね。
簡単なレシピなので、是非お子様と作ってみてはいかがでしょう。

チョレート・ココアを黒砂糖に変えてもおススメです!

by coro-egao | 2009-04-28 06:11 | おやつ
a0117641_553576.jpg
わさび漬

a0117641_555298.jpg
茎の三杯酢

皆さんは どちらがお好きですか?

わさび栽培発祥の地 静岡市葵区の有東木で
買って来ました。

私は定番のわさび漬が好きです。
とってもシビれる味がたまりません!

もっといっぱい買ってくれば良かったかな。

a0117641_605935.jpg
市内から30キロ、標高500~700mの天空の里は
山々が重なり合うその奥にありました。

いたる所にわさび田が見られます。

温かくなってきたので、黒い覆いが外されて
瑞々しいわさびの葉が山間を彩っていました。。


a0117641_66645.jpg

by coro-egao | 2009-04-15 06:09 | ちょこ旅

さくらクッキー

a0117641_550619.jpg
さくらクッキー

《材料》

無塩バター 100g   砂糖 70g   卵 1個   薄力粉 200g
バニラエッセンス 少々   塩 一つまみ   食紅 適宜   打ち粉(強力粉)

バターは室温に戻しておく。
薄力粉はよく振るう。
オーブンを170℃に温める。

《作り方》

(1)
ボウルにバターを入れ、泡だて器でなめらかなクリーム状になるまで練る。

砂糖を加えて、さらになめらかになるように、泡だて器で混ぜ合わせる。

あらかじめ溶きほぐしておいた卵を加え
さらになめらかになるように混ぜ合わせる。

(2)
バニラエッセンスを入れ、塩と薄力粉を加えて木べらで混ぜ合わせていく。

大体混ざったら食紅を加え、よく混ぜ合わせる。

混ぜ合わせた生地を一つにまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませる。

(3)
のし台に打ち粉をして、めん棒にも粉をまぶしておく。

生地を取り出し、めん棒で3ミリ厚さにのばす。
生地が柔らかくなったら冷蔵庫で冷やす。

花びら型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べて
170℃のオーブンで10分焼く。

抜いた残りの生地は再び丸めてのばし、冷蔵庫で冷やしてから
同じ様に抜いて焼く。

☆☆☆

新年度を迎え、何かと慌しい春は
お花見もなかなか思うようには出来ません。

そんな時は桜のお菓子でちょこっとお花見。

そろそろ散り桜に移り始めた街角で
風に踊る桜の花びらに出会えると何故か嬉しいです。

by coro-egao | 2009-04-09 05:50 | おやつ