美味しい料理にあら笑顔。  小さな廚(くりや=台所)から 優しい一品をお届けします。


by coro-egao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0117641_5194911.jpg
かじきまぐろのハンバーグ

《材料》
めかじき(切り身) 4切れ(400g)   ブロッコリー1/2個   トマト 1個
ジャガイモ(100g)
A{小麦粉 大さじ4   塩 小さじ1/2~1/2強   こしょう 少々}
B{醤油 大さじ2   砂糖 大さじ2   酒 大さじ}
塩・こしょう   サラダ油

《作り方》
めかじきは包丁で細かくたたく。

ブロッコリーは小房に分け、硬めに茹でる。トマトはくし型の8等分に切る。

ボウルにめかじき、Aを入れ、ジャガイモをすりおろして加え、よく練り混ぜる。
4等分に分け、ハンバーグ状にまとめる。


フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、ハンバーグを入れて2~3分焼く。
さらに返して2~3分焼き、Bのタレを入れて軽く煮詰めながら絡める。

ブロッコリーはサラダ油小さじ1でさっと炒め、塩・こしょうを振る。

ハンバーグ、ブロッコリー、トマトを盛り付けて出来上がり。


ジャガイモを加えるとモチモチ感が出て不思議な食感です。
お肉よりも軽くて食べやすいのでお年寄りにも向いているでしょう。

もちろんお弁当のおかずにも最適。ぜひ、お試しください。
(NHK「きょうの料理」2008/3月号のレシピを参考にしました。)

by coro-egao | 2009-03-31 06:03

深川めし

a0117641_2242457.jpg
深川めし
「深川めし」は江戸末期、深川の漁師たちがよく食べたところから由来しているとか。

そもそも、ざっくりと切った葱とアサリを味噌汁にして白飯にかけたものを指します。
手早く栄養補給が出来るぶっかけめしは、明治になると炊き込むタイプも登場しました。

今回は炊き込む深川めしです。

《材料》

殻付きアサリ 50~60粒  米3合
油揚げ 1枚  しょうが ひとかけ
煮汁(醤油 大さじ1  酒 大さじ1  みりん 大さじ1)
炊き込み用(薄口醤油 大さじ1  酒 大さじ1  塩 少々)

《作り方》

米は炊く30分前に洗ってざるにあげておく。
アサリは1リットルの水に塩大さじ3杯を混ぜ30分ほど砂抜きをする。
殻をよくこすり洗いしてからひたひたの水から茹で
茹で汁と身に分けて殻をはずしておく。

油揚げは軽く湯通しし、短い細切りにする。
茹で汁カップ1と煮汁の調味料を合わせてアサリと油揚げを軽く煮含め
煮汁と具に分けておく。
煮汁・残った茹で汁・洗った米を合わせて炊き込み用の調味料も加え
通常の水加減にして炊く。

炊き上がったら具としょうが汁を混ぜ込んで
千切りしょうがを乗せ、あさつきを散らしたら出来上がり。

これからアサリの美味しい季節です。
たっぷりのアサリでお楽しみ下さい。

by coro-egao | 2009-03-21 00:13 | 晩ごはん

ひな祭り

a0117641_073735.jpg
海鮮ちらし

我が家のひな祭りでは、五目ちらしよりも海鮮ちらしの方が人気があります。
今年も大好きなネタをいっぱいコロコロしました。

家族みんな大満足♪
おひな様もお腹一杯になったかしら?

by coro-egao | 2009-03-04 00:13 | 晩ごはん