美味しい料理にあら笑顔。  小さな廚(くりや=台所)から 優しい一品をお届けします。


by coro-egao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:おやつ( 7 )

ツリーケーキ

a0117641_17574973.jpg
クリスマスツリーケーキ
あっという間にクリスマスがやって来ました。

今年は20数年間開いていたクリスマスパーティーを
初めてお休みしました。

ちょっと気が楽だけれど、ちょっと物足りないような・・・・。

それでもケーキだけは作ろうと、朝早起きして頑張りました。

Merry Christmas!

by coro-egao | 2009-12-25 18:17 | おやつ

秋のタルト

a0117641_5185144.jpg
林檎のタルト

《材料》20㎝タルト型

[タルト生地]

バター 70g   砂糖 35g   卵黄 1個   薄力粉 130g
アーモンドパウダー 20g

[クレーム・ダマンド]

バター 70g   粉糖 70g   卵 1個   ラム酒 大さじ1
アーモンドパウダー 70g   薄力粉 10g

[そのほかの材料]

林檎(紅玉) 2個   バター 10g   グラニュー糖 適宜
アプリコットジャム 適宜


《作り方》

[タルト生地]

1、室温に戻したバターに砂糖を2~3回に分けて加え、泡だて器ですり混ぜる。
卵黄をいっきに入れ、泡立てずによく混ぜる。

2、アーモンドパウダーと薄力粉を合わせてふるっておく。
1のボウルにふるい入れ、切るように混ぜる。
粉っぽさが無くなったら、ボウルの底に押しつけるように混ぜ一つにまとめる。

3、まとまった生地を丸く整えラップで包み、冷蔵庫で1時間寝かせる。

4、台に打ち粉をして、めん棒で厚さ3mmの円形に伸ばす。
(タルト生地より3㎝ほど大きい円形が良い。)

5、伸ばした生地をめん棒に巻きつけ、タルト型に乗せる。
生地の真ん中から円周に向け型に張り付けていく。
型のふちをめん棒で転がしながら余分な生地を切り落とす。
(余った生地は焼くとサブレになる。)

6、フォークで生地に穴を数か所開け、冷蔵庫で1時間休める。

[クレーム・ダマンド]

1、室温に戻したバターに泡だて器で粉糖を3回に分けて加え
ふんわりするまで混ぜる。

2、卵は2回に分けて加え、ラム酒を混ぜる。

3、アーモンドパウダーと薄力粉を合わせてふるい入れ
粉っぽさが無くなるまでよく混ぜる。

[林檎のタルトの作り方]

1、林檎は皮を剥き、半割ににして芯を除き、3mmの厚さにスライスする。

2、タルト生地にクレーム・ダマンドを敷き詰め
スライスした林檎をずらしながら円形に並べる。

3、2の上からグラニュー糖を振り、ダイスに切ったバターを散らす。

4、180度に温めたオーブンで30分焼く。

5、アプリコットジャムに少量の水を加え、煮詰めておく。

★¥6、焼きあがった4の粗熱が取れたら、5を刷毛で塗り、出来上がり。


今回は時間がかかる行程ですが
それだけに出来上がりの嬉しさはひとしお。

秋の香りをたっぷり味わえます。

今年の紅葉の仕上がりに思いを馳せつつ、ホッと一息ティータイムです。

by coro-egao | 2009-11-15 06:12 | おやつ

栗のレアチーズケーキ

a0117641_22575397.jpg
レアチーズケーキ

《材料》直径18㎝の底が抜ける丸型1台分

クリームチーズ 250g   プレーンヨーグルト 200g   生クリーム 200ml

グラハムクラッカー 80g   バター 50g   グラニュー糖 70g

レモン汁 大さじ2   栗のジャム(又は栗のペースト) 大さじ3

A[国産レモンの皮 1個分すりおろし   グラニュー糖 小さじ1/3]

B[粉ゼラチン 10g   水 大さじ4]

飾り用 栗の甘露煮3~4個   ブドウ 5~6粒   ブルーベリージャム 適宜


《材料》

1、バターを湯せんにかけ溶かしておく。
Aを混ぜ合わせておく。

2、グラハムクラッカーを厚手のビニール袋に入れ、めん棒で叩いて細かくする。

3、ボウルに2を入れ溶かしバターを加え、しっとりしてきたら型に敷き詰める。
スプーンの背で平らに固め、冷蔵庫で冷やす。

4、ボウルにBの水を入れ粉ゼラチンを入れざっと混ぜてふやかす。
クリームチーズは適当な大きさに手でちぎり
耐熱容器に入れて電子レンジで600W約20秒で軟らかくする。
(レンジにかけすぎると風味が落ちるので注意)

5、ボウルに4のチーズを入れ、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜる。
次にグラニュー糖を加えよくすり混ぜる。

6、ヨーグルトを3回に分けて加え、よく混ぜたらレモン汁も加える。

7、4のゼラチンを湯せんにかけ、溶かしたら6に加えて混ぜあわせる。
1を加えてよく混ぜる。

8、生クリームを3回に分けて加え、そのつどゴムべらで混ぜる。

9、8を3の型に流し込み、平らにならしたら冷蔵庫で3時間冷やし固める。

10、固まったら適当な大きさにカットし、栗とブドウを添えてブルーベリージャムで飾る。


栗の味がダイレクトに伝わるわけではありませんが
いつもとは違う食感と風味を感じていただけたら嬉しいです。

by coro-egao | 2009-11-01 23:45 | おやつ
a0117641_5162326.jpg
オールドファッション・クッキー

《材料》

無塩バター 170g   グラニュー糖 140g   ブラウンシュガー 80g

卵 1個   薄力粉 100g   オートミール 80g   小麦胚芽 20グラム

ベーキングパウダー 小さじ1   ベーキングソーダ 小さじ1

アーモンドプードル 60g   チョコチップ 50g

※小麦胚芽がない場合は、ケロッグのシリアル「オールブラン」を砕いて代用できます。

《作り方》

a、バターは室温に戻しておく。
b、薄力粉・ベーキングパウダー・ベーキングソーダは合わせてふるっておく。
c、オーブンは170℃に温めておく。

1、バターをボウルに入れて、泡だて器でクリーム状に練り
次に砂糖類を加えて滑らかに混ぜ合わせる。

2、1に溶きほぐした卵を加え、さらに滑らかになるまで混ぜ合わせる。

3、ふるっておいた粉類とオートミール・小麦胚芽・アーモンドプードルを加えて
チョコチップも加えてよく混ぜる。
ただし、あまり練り過ぎないように注意。

4、天板に3の生地を小さじ2杯ぐらいずつ、間隔を置きながら落としてゆく。
やりにくい場合は片手で軽くまるめて置くとよい。
焼くとかなり広がるので、一枚の天板に9枚ぐらいがベスト。

5、170℃のオーブンで15分焼いて出来上がり。
最初はかなり柔らかいが、しばらく冷ますとカリッとした仕上がりになります。


アメリカのヴァージニア州で1ヶ月のホームステイをした時
最後のお別れの日に、ホストファミリーのお母さんが
大きな缶いっぱいに焼いたクッキーを詰めて持たせてくれました。

その時の味がこれです。

当時、彼女は昼間は歯科技工士をしていたので忙しく
夜遅く家事を終えてから一生懸命焼いてくれたようです。
今でもクッキーを焼く時、そんな彼女の手放しの優しさを思い出します。

by coro-egao | 2009-08-06 05:52 | おやつ

チョコレートマドレーヌ

a0117641_5183650.jpg
チョコレートマドレーヌ

《材料》

シェル型マドレーヌ6個分です。

卵 2個   砂糖 40g   バター 60g   塩 少々

薄力粉 50g   ココア 10g   ベーキングパウダー 小さじ1/2

ミルクチョコレート 30g   (型用 バター・強力粉 適宜)


《作り方》

(1) 生地用・型用バターを湯煎、又はレンジで溶かしておきます。

(2) 薄力粉とココア、ベーキングパウダーは合わせて
一緒に振るっておきます。
チョコレートは細かく刻んでおきます。

(3) シェル型に溶かしたバターを刷毛で塗り
一度、冷蔵庫で冷やします。
バターが固まったら強力粉を均等に振り、余分な粉は振り落としておきます。

(4) 卵をボウルに割り入れ、よくほぐしたら砂糖を加えます。
塩を一つまみ加えたら、泡だて器でとろっとなるまでよく混ぜます。

そこへ刻んだチョコレートを加え、振るった粉類を振り入れて
木ベラで粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

さらに溶かしバターを加えて混ぜます。

(5) 生地を搾り出し袋に移し、シェル型に流し込みます。
180℃に温めたオーブンで10~13分位焼きます。

焼けたら型から外し、網の上で冷ましてから
乾かないようにビニール袋に入れて出来上がり。


シリコン製のマドレーヌ型を買ったので試作。
扱いやすくて便利でした。

もうじきゴールデンウイークですね。
簡単なレシピなので、是非お子様と作ってみてはいかがでしょう。

チョレート・ココアを黒砂糖に変えてもおススメです!

by coro-egao | 2009-04-28 06:11 | おやつ

さくらクッキー

a0117641_550619.jpg
さくらクッキー

《材料》

無塩バター 100g   砂糖 70g   卵 1個   薄力粉 200g
バニラエッセンス 少々   塩 一つまみ   食紅 適宜   打ち粉(強力粉)

バターは室温に戻しておく。
薄力粉はよく振るう。
オーブンを170℃に温める。

《作り方》

(1)
ボウルにバターを入れ、泡だて器でなめらかなクリーム状になるまで練る。

砂糖を加えて、さらになめらかになるように、泡だて器で混ぜ合わせる。

あらかじめ溶きほぐしておいた卵を加え
さらになめらかになるように混ぜ合わせる。

(2)
バニラエッセンスを入れ、塩と薄力粉を加えて木べらで混ぜ合わせていく。

大体混ざったら食紅を加え、よく混ぜ合わせる。

混ぜ合わせた生地を一つにまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませる。

(3)
のし台に打ち粉をして、めん棒にも粉をまぶしておく。

生地を取り出し、めん棒で3ミリ厚さにのばす。
生地が柔らかくなったら冷蔵庫で冷やす。

花びら型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べて
170℃のオーブンで10分焼く。

抜いた残りの生地は再び丸めてのばし、冷蔵庫で冷やしてから
同じ様に抜いて焼く。

☆☆☆

新年度を迎え、何かと慌しい春は
お花見もなかなか思うようには出来ません。

そんな時は桜のお菓子でちょこっとお花見。

そろそろ散り桜に移り始めた街角で
風に踊る桜の花びらに出会えると何故か嬉しいです。

by coro-egao | 2009-04-09 05:50 | おやつ

りんご入り紅茶蒸しパン

はじめまして。
料理好きが高じてブログを開きました。
ありふれたレシピですが、スーパーで手に入る食材ばかりですから
どなたでもお手軽に作ることが出来ると思います。
ご参考になさってくださいね♪

a0117641_5292222.jpg

冬のおやつにあつあつの蒸しパンはいかが?

《材料》

薄力粉 200g  ベーキングパウダー 大さじ1
紅茶の葉 大さじ3(半分は煮出し用、半分はすり鉢で細かくする)
卵 3個  砂糖 80グラム  サラダ油 大さじ1  りんごの甘煮 適宜

小鍋に半量の紅茶の葉を入れ、熱湯大さじ2をかけて葉を開かせる。
そこへ牛乳を注ぎ、沸騰させないように3分ぐらい煮る。
火から下ろして蓋をし5分蒸らしたら、茶漉しで漉してから冷ます。

計量カップに卵を割り入れ紅茶液を足して1カップにする。
ボウルに移し、泡だて器で卵白を切るように混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜ合わせる。

薄力粉とベーキングパウダーを振るい入れ
時々ボウルを回しながら生地をすくい上げるように混ぜ込む。

半量の紅茶の葉を加え泡だて器でよく混ぜる。
次にサラダ油を注ぎダマがなくなるまで混ぜ、すくって流れ落ちた後がのこるくらいにする。

取り出し易いようにプリンカップなどにアルミケースを入れ、生地を流し込む。
りんごの甘煮を散らす。
蒸気の立った蒸し器で15分ぐらい蒸し上げて出来上がり。

蒸し立ては熱いので気をつけてね。

by coro-egao | 2009-02-11 05:37 | おやつ